2017年9月30日土曜日

若者バードウォッチャーへの尊敬

都市圏で野鳥観察に出かけると、野鳥カメラマンは「会わないことがない」くらいに増えました。

Japanese Pheasant

私自身も仕事で撮影をすることがかなり増えていますが、鳥を見つけたらとにかくじっとして出てくるか待つことがほとんどです。残念ながら、動かずにいても飛び去ってしまうことのほうが多いです。しかし、姿が見えにくかったとしても、それは次回に期待することにしています。

Black-crowned Night Heron

それでいいと思っています。自分が鳥と「少しでも長い時間一緒にいること」や「自分の存在が鳥の邪魔をしなかったようだ」という感覚を得ることのほうが、私には大切にしたいことです。

Black-tailed gull

私は野鳥へのアプローチは上手とは言えない状況ですが、若者たちは、野生の命に配慮ある接し方や撮り方をしている人が非常に多くなっており、その心遣いには、心からの尊敬をしています。

Narcissus Flycatcher

観察に重心を置いている若者たちは、枝が被っていようと、薮に潜んでいようと、見つけたときはまずはその場でじっとして鳥の様子を観察し、警戒の状態に応じて距離を確保しています。姿が見えにくくても、とにかく見え易い場所に鳥のほうから出てくることを待っています。

Common Snipe

そういう観察をしつつ撮影もしている彼らの写真を見ると、結果として、いい写真を撮っていることが多いです。やはりいい写真を撮りたければ、鳥の警戒の度合いを確認しながら撮るのが良いということなのでしょう。

Grey-streaked Flycatcher
鳥への接し方や撮影方法を、私もしっかりと若者たちから学んでいきたいと思います。

Grey-tailed Tattler

0 件のコメント:

コメントを投稿