2019年12月31日火曜日

今年もご訪問ありがとうございました Have a good New Year's Eve

Thank you very much indeed for your visiting my blog in 2019.
Have a good New Year's Eve

今年も多くの方々に当ブログへご訪問いただき、感謝致します。
どうぞよいお年を。


12/31に近所の雑木林でクロツグミを観察。
この時期に見たのは初めてです。暖冬の影響でしょうか?

2019年12月28日土曜日

繋げるお手伝い

この数ヶ月でいくつか人と人を繋げるお手伝いをしました。これからどんなことが起こるか楽しみです。それぞれの方々が取り組まれているいろんなことがうまく進むことを祈っています。

2019年12月27日金曜日

アオガン

東北にアオガンという日本初記録の鳥が来ているようですが、そのアオガンについてEUでのプロジェクトを紹介するYoutubeを見つけたのでおしらせします。

Film "Hope for the Red-breasted Goose"
https://www.youtube.com/watch?v=YGobujkmFWQ

英語での字幕があります。参考にしてください。

2019年12月23日月曜日

ミコアイサ Smew

眠っていることのほうが多かったのですが、近くで見られると、普段は意識できない色があることに気がつくことができるので、ありがたいです。

Smew (Male) in Tochigi 23/Dec/2019

2019年12月21日土曜日

送別会

今夏にお会いした方が遠方へお引越しをされることになり、みんなで送別会をしました。東京からはちょっと遠くにはなってしまいますが、会おうと思えばお会いできる距離ですし、ご本人のやりたいことに近い内容の職場とのことですので、時々近況などをお聞きできる機会があることを祈っています。都内のレストランに、しばしのお別れを惜しむ12名が集まりました。


素敵なレストランで、個人的にも伺いたいお店でした。

2019年12月20日金曜日

茨城県立自然史博物館「宮沢賢治と自然の世界」展

茨城県立自然史博物館へ「宮沢賢治と自然の世界」展へ友人と行ってきました。

茨城県立自然史博物館「宮沢賢治と自然の世界」展
https://www.nat.museum.ibk.ed.jp/kikaku/129/index.html

宮沢賢治の「自然科学探究への情熱」を基礎として多くの物語を作成したことや、短い生涯の間に様々なことへの献身的な活動をされたことがわかる展示でした。宮沢賢治のファンの方には有名なお話なのだと思いますが、弟の宮澤清六さんの尽力で、宮澤賢治全集が出版されたこと、宮澤賢治の「なめとこ山の熊」の「なめとこ山」は架空ではなく、実在した山であることが1990年代に確認されるなど、興味深いことを初めて知りました。

展示は 2020年2月2日までです。もしお時間のある方はぜひ。ちなみに、次回の企画展は「さくら」展です。こちらも楽しみです。

茨城県立自然史博物館は常設展も充実しており、時間には余裕を持って行くことをお勧めします。実は以前に「狩」展の時にも茨城県立自然史博物館へ行っているのですが、時間が足りずに、最後は駆け足になってしまいました。

茨城県立自然史博物館
https://www.nat.museum.ibk.ed.jp/

今回、私の可聴領域を試せるコーナー(常設展)で、その差を感じることになりました。私の聞こえる高周波は11000㎐くらいで、友人2人は14000㎐くらい。


ちなみに、今年はまだヤブサメの声は聞こえています(笑)


イナゴは、自分の出せる音が聞こえる音の範囲を超えているのは不思議でした。



引き出し形式で、こういう展示がされていました。勉強になります。

2019年12月18日水曜日

猫バンバンの季節2019

今年も猫バンバンの季節がやってきました。出発前にできる、小さな命を救うことです。ほんの少しだけ、時間をかけていただけたらありがたいです。

日産自動車:猫バンバンプロジェクト
https://www.nissan.co.jp/SOCIAL/CAMP/NEKOBANBAN/

2019年12月17日火曜日

Cygnus columbianus columbianus

I saw a Cygnus columbianus columbianus  in Gunma, Japan.

Cygnus columbianus columbianus 17th Dec 2019

I hope to find a photo of the same bird on website, anyone has taken. Because this small yellow spot on the bill will be useful to identify the bird.

I wish to see Trumpeter, too. Someday, somewhere!

カラスもねぐら入りを観察。明るいレンズの双眼鏡がねぐら入りには必須です。17:10にミヤマガラスは最後の群が入り、ハシブトガラスはその10分後(17:20)に最後の群が入りました。


帰り道、だいぶ暗くなってからの訪問でしたが、前からヤマシギがいないかと気になった場所に立ち寄ったところ、タシギとタゲリ、コガモを確認。コガモは意外でした。ヤマシギは次回に期待です。

2019年12月15日日曜日

群れる鳥たち

普段この地域で観察されている方が連れて行ってくださったことで、目的の鳥にはすぐに出会えました。

この風景が、ずっと、ずっと、見たかったのです。


群れをなす鳥は、やはり群れで見ないとわからないことがたくさんです。一昔前までは数年に一度、1-2羽来る程度だったハクガン(私が初めて見たのは1995年・片野鴨池。マガンの群れに一羽混ざって飛ぶ個体でした)。それが今ではこんなに大きな群れ観察ができ、興味深い生態を目の当たりにできます。この復活に携わった方へ心からの感謝です。

今回はアオハクガンも見ることができました。オオタカ成鳥の「蒼」に近い色ですが、それよりも深みのある、独特の「蒼」でした。

私にとってこのカモメ類の群れも壮観でしたが、地元の方によると以前の1/5程度とか。もっといたなんて、驚きです。ワシカモメもさまざまな状態のものがいて勉強になりました。

海岸では、シノリガモも双眼鏡で色の詳細がわかるほど近くでじっくり観察。東北の自然は素晴らしいです。

私の訪問前に緻密な下見をしてくださったおかげで、私は北国の野鳥たちを心ゆくまで堪能できました。Eさん、本当にお世話になりました。心から御礼を申し上げます。

2019年12月14日土曜日

2019/12/14の雄化ハイブリッドカモ(記録用)

12/14の雄化ハイブリッドカモです


今後、羽衣などに変化があるかもしれないので、記録用にアップです。

2019年12月13日金曜日

大きくなった切符

昔(2012年ころ)は西武線特急の特急券は小さかったことを知りました。

2019年12月12日木曜日

秋の気配

関東よりも日差しが暖かく、南国は気持ちよかったです。冬というより、 秋の気配でした。

2019年12月8日日曜日

フィールドスケッチ会@井の頭公園

暖かい日になった12/08に、井の頭公園でフィールドスケッチ会をしました。


私は動物園に入って、野外で詳細が観察しにくいクロツラヘラサギをスケッチしました。


詳細はブログでご覧ください。

2019年12月08日フィールドスケッチ会@井の頭公園
http://fieldsketchbook.blogspot.com/2019/12/20191208.html

2019年12月7日土曜日

「うみどりまつりⅡ」に出店しました

12/07、ホビーズワールド企画の「うみどりまつりⅡ」で出店し、家内制手工業で作成した海鳥のグッズを販売しました。


準備したグッズはほぼ完売!売り上げの一部を、今回講演いただいた「城ヶ島沖の海鳥観察グループ」へ寄付しました。お買い上げいただいた皆様、本当にありがとうございました。

フィールドスケッチ会@井の頭公園のお知らせ

しばらく間が空いてしまいましたが、フィールドスケッチ会を企画いたしましたので、お知らせいたします。詳細は以下のサイトをご確認ください。

2019年12月8日(日)フィールドスケッチ会@井の頭公園

https://fieldsketchbook.blogspot.com/2019/11/blog-post.html

皆さんのご参加をお待ちしております。


2019年12月6日金曜日

Common Birds, My Neighbors

I met some common birds in my patch,

Dusky Thrush

Pale Thrush

Bull-headed Shrike

and some unusual faces!

Grey-headed Lapwing(There were two)

Common Kestrel

Northern Goshawk

2019年12月1日日曜日

ドローンはやっぱり鳥にはよくない?

とある鳥を探しに生息環境へ足を運んだのですが、目的の鳥が全く見つかりませんでした。ふと見ると近くのちょっとした広場からプラスチッキーなプロペラ音と共にドローンが私の上空にやってきました。以前、ガンカモ調査でドローンを利用しているという記事を読んでいたので、特にこの場合も鳥には影響ないだろうと思っていました。しかもドローンが一時的に飛ばなくなった時に目的の鳥が群で私のそばへ舞い降りてきたので、この鳥においても影響はなく、平気だとその時は思っていました。

ドローンを利用したガンカモ調査
http://db3.bird-research.jp/news/201602-no1/
ドローンを利用したガンカモ調査 その2
https://db3.bird-research.jp/news/201604-no5/

しかし、再びドローンがやって来て私の上空を飛ぶと、一目散に鳥たちは逃げていってしまいました。鳥の種類によってはドローンは不快な物のようです。

ドローンが危害を加えないものだと認知され、将来的には慣れる可能性もあるのかもしれませんが、今はその状況ではないようです。さまざまな危険を乗り越えて遠い場所からはるばる来た鳥たちが、人間の気まぐれ遊具で生活を妨害されるのは気の毒です。

このブログを読んでくださっている方の中で、もしドローンで遊ぶのが好きな方がいらっしゃいましたら、周囲にどんな鳥がいるか、飛ばしたときにその鳥たちがどんな反応をしているかに、気を配っていただけたら嬉しいです。

ご面倒をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。